姿勢・首コリ・肩コリ

☆後ろ姿に美オーラ・・・♪

投稿日:2012年7月2日

 
おはようございます

この時期湿度が多いですね・・・

そんな我が家では
 
家の中では除湿機が大活躍しています。

除湿機の画像は昨日のfacebookに載せました・・・

なのでfacebookも覗いてくださいませ・・・

ところでで数日前に、ワタクシ、【ブラックスワン】の映画を

WOWOWで見たんですが、バレリーナの方の後ろ姿に感動

ブラックスワンの主人公の女優さんが踊っている所で
映し出された、引き締まった僧帽筋や菱形筋が
ちらちら見え隠れする  躍動美

なかなか自分では見ることの出来ない背中・・・

目指すのはバレエダンサーの、
筋肉が躍動する鍛えられた背中です。

細くしなやかな筋肉と彫刻のように浮き出た肩甲骨には、
ハッと目を奪われます。

背中は、その人の美意識を語る、重要なパーツなのだと思います。

姿勢がよく肩甲骨もくっきり浮き出てる後ろ姿は
まさに美オーラを感じます。

そして、後ろ姿が美しいと若々しさが倍増します

日頃の意識として・・・

背中の筋肉の造りをイメージしながら、肩甲骨まわりの大きな筋肉を動かすと、体の代謝がよくなります。

背中は自分で見えにくいこともあって、意外にちゃんと筋肉が使われていなかったりするもの。

ある程度成果をあげるには、筋肉を“意識して”動かすことが
大切です。

意識を筋肉に向けることで、正確に指令が伝わります。

背中は自分では見えにくい部分ですが、
人には意外と見られている部分ですね。

背中がシュッとしているとそれだけで、印象が良いと思います。

 

そして・・・
肩甲骨周りの筋肉を動かすと体の代謝がよくなります。

以前の記事でも紹介しましたが、http://ameblo.jp/korohuwa/entry-10537204762.html

肩甲骨周りは、【褐色脂肪細胞】
と言われる代謝を促す細胞が属しています。

その肩甲骨を動かしてまた「僧帽筋」も鍛えると、
美しい背中を作ることができます。

方法は ↓↓↓

1. 脚を肩幅に開き、腕を垂直に上げます。

2. 手のひらを内側に向け背筋をピンと伸ばし、鼻から息をゆっくり吸います。

3. 両腕を下ろしながら、肩甲骨を引き寄せます。

4. 手のひらを外に向けて、ゆっくり息を吐き、肩甲骨を引き寄せて
5秒キープ。胸をよく開きましょう。

 肩と二の腕に効果的な肩甲骨エクササイズ

肩甲骨まわりをほぐすことで、胸が自然に開き、酸素を取り入れやすい体に変わっていきます。

1. 脚を肩幅に開き、手のひらを下に向けて両腕を前に伸ばして立ちます。

2. 顎を引き背筋を伸ばして、鼻からゆっくり息を吸います。

3. そのまま腕を体のほうへ引き寄せ、肩甲骨を内側に入れます。

4. 胸を開き、息をゆっくり吐いてキープ。
このスローな動きが驚くほど背中に効きます。二の腕も意識して。

このような動きを日々意識してやると効果が表れてきます

ポイントは【何処の筋肉を動かしているのか】これを意識して
やる事です

さあ、皆さんもバレリーナの様な背中を目指したこの夏
背中の開いた洋服にでもチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

 

この記事が気に入ったら
「ViewCafe」にいいね !しよう

-姿勢・首コリ・肩コリ
-, ,

Copyright© 頭蓋骨美人の視点|skull.view , 2018 All Rights Reserved.