シンメトリー整顔70分・100分

ソフトなタッチの意味

投稿日:2015年12月18日

皆様こんばんは

頭蓋骨から健康美を伝える専門家
美容矯正オートクチュールアナリスト
山口勝美です
先日お見えになられたお客様から、「強い圧のかかる小顔矯正を受けたら、その時はとてもスッキリするんですが、翌日顔がかなり浮腫んだ事があるんですが、どうしてそうなるんでしょうか?」とご質問がありました
{3A112C3A-69B4-4934-B484-A974BBE401F5:01}

小顔矯正の施術の中にはいろいろな手法があると思いますが、どんな手法にしろ必ず「リンパを流す」事の手法が少なからず入っていると思います
その、リンパを流す事は『ソフトなタッチ』が基本になり、毛細リンパは表皮(皮膚のこと)の下約1ミリ以下を流れているため、刺激が強すぎると血行障害や浮腫みの原因になります。

必要以上の圧は加わるとリンパを停滞させてしまい逆効果になるわけなんです。
じゅうらいリンパを流す作業は痛くないものであり、痛くてはいけないのです。

全身に張り巡らせたリンパ管は、老廃物や余分な水分等を回収して鎖骨の下の大静脈に流すことが仕事であります。

このリンパがしっかり働かないと体には余計なものが、どんどん溜まってしまいます。皮膚の下にあるリンパ管にはフィルターの様な役割があって、このフィルターを開きやすくするのが、リンパを流す作業なのですが、それで強い圧でやる事は逆効果なのです。

でも、リンパを流したいためについつい強く圧をかけてしまいがちな方もいるかと思いますが…

リンパの滞りは軽く擦る程度でやるだけで充分解消されるのです。

この記事が気に入ったら
「ViewCafe」にいいね !しよう

-シンメトリー整顔70分・100分
-,

Copyright© 頭蓋骨美人の視点|skull.view , 2019 All Rights Reserved.