ホルモンバランス整える

☆女性ホルモンて言うけど・・・何?・・・♪

投稿日:2012年9月9日


秋からの新メニューで女性ホルモンの分泌の手助けをする

新メニューを取り込むにあたって

今日は女性ホルモンについて・・・

$京都美容矯正  -face&bodytherapy- ナチュールミュー 山口勝美 のブログ

宝石赤女性らしさをつくる性ホルモン

女性ホルモンは、エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)の

二つが代表的なホルモンです。

排卵と密接な関係があるエストロゲン(卵胞ホルモン)と

プロゲステロン(黄体ホルモン)ですが、

特に女性の体に大きな影響を与えているのがエストロゲン(卵胞ホルモン)です。

女性ホルモンであるエストロゲン(卵胞ホルモン)は、

妊娠や出産のための女性の体をつくり、保護しているホルモンです。

エストロゲンとプロゲステロンの二つの女性ホルモンの働きにより、

月経が起こって妊娠出産が可能になります。

20歳~30歳で卵巣の働きがピークに達し、

45歳くらいから急激に働きが低下して更年期になると急激に低下します。

$京都美容矯正  -face&bodytherapy- ナチュールミュー 山口勝美 のブログ

宝石赤女性ホルモンの働き

女性ホルモンは、女性らしく美しく生きるために大切な役割を担っています。

成熟した卵胞は、エストロゲン(卵胞ホルモン)を分泌し、

排卵後は、黄体となってプロゲステロン(黄体ホルモン)を分泌します。

女性ホルモンは、血液中のコレステロールを低下させ、冠動脈の硬化を防止します。

女性ホルモンの主な原料は、蛋白質やコレステロールですが、

脂肪やビタミン、ミネラルなどをバランスよく摂取しないと女性ホルモンが

正常に機能することができなくなります。

宝石赤エストロゲンと乳がん

エストロゲンは、乳がんの発症に大きな影響を与えています。

女性ホルモンであるエストロゲン(卵胞ホルモン)は、乳がんの60~70%に関係しています。

エストロゲン(卵胞ホルモン)は、乳がん細胞にある

エストロゲンレセプターに作用し、乳がん細胞を増殖させるようです。

乳がんの多くは、エストロゲン(卵胞ホルモン)がなければ成長できないようです。

乳がん細胞は、エストロゲン(卵胞ホルモン)により、発育すると言われています。

肥満している人は、エストロゲンの分泌が多く、

乳がんになりやすいと言われています。

欧米人女性は、日本人女性よりも肥満している人が多いため、

閉経後の欧米人女性の乳がんが多いのはこのためです。

$京都美容矯正  -face&bodytherapy- ナチュールミュー 山口勝美 のブログ

宝石赤ホルモンバランス

エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)のバランスにより、

女性の体はコントロールされ、守られています。

最近、中高年の女性だけでなく、若い女性でもホルモンバランスの乱れにより、

体調不良を訴えている人が増えています。

女性ホルモンのバランスが乱れる原因には、偏食や運動不足、無理なダイエット、

睡眠不足、過度のストレスなどです。

エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)の

二つの女性ホルモンの分泌をコントロールしているのが、

脳の視床下部と下垂体で、ここから卵巣に指令が出されて

女性ホルモンが分泌されます。

$京都美容矯正  -face&bodytherapy- ナチュールミュー 山口勝美 のブログ

一言で「女性ホルモン」といってもいまいち何?と言う方も多いと思います。

女性である限り知っておくと日々の体のケアをするのに参考になりますよね・・・

ではでは・・・

良いライフスタイルでお過ごしください。。。

   京都美容矯正    

$京都美容矯正  -face&bodytherapy- ナチュールミュー 山口勝美 のブログ

この記事が気に入ったら
「ViewCafe」にいいね !しよう

-ホルモンバランス整える
-, ,

Copyright© 頭蓋骨美人の視点|skull.view , 2019 All Rights Reserved.