女性の未病を防ぐ

いつもがんばっているあなたへ…

投稿日:2016年3月10日

あたまが、ボーッとしやすい季節

花粉症などで、鼻づまりがある時はなおさら呼吸が浅くなり、酸素供給がスムーズにいかなくて余計にそんな状態になりますよね…
皆様こんばんは
頭蓋骨から健康美を伝える専門家
山口勝美です
人は、日常の中で「交感神経」が優位な時間の方が長い方が多いわけなんですが…
その「交感神経」が余りにも続いてしまうと時には、体が悲鳴をあげて風邪の症状に似たような感じをうったえる方がいらっしゃいます。

それにより、日常よりも何だかやる気がうせたりまたは、良いアイデアが浮かばなく
いつもより気分が、落ち込みやすくなる

そんな方は特に「呼吸」が浅い。

「呼吸」が浅いとまた、お腹がはっていて、おまけに頭も硬くなっていたりします
それは、自律神経を介してお腹(内臓)から頭(頭蓋骨)に連動しておこる症状でもあるので…
そんな時は、ゆっくりと「呼吸」をする。
できれば「腹式呼吸」が理想です!

{081D0408-1796-4692-B41F-EC72D6E4346B}

腹式呼吸は、息を吸った時にお腹を膨らませ、吐きながらお腹を凹ませる。

もっと言えば吸う時には、横隔膜が下がり、吐く時には横隔膜が上がります。
そうする事によって、交感神経から副交換神経に移行する状態になりやすくなるため、体はリラックス状態になりやすくなります。

いつも頑張っているあなた!

交感神経と副交換神経のバランスを一日の間に取る事を心がけて下さい。
その為には、「腹式呼吸」をゆっくりとする。
頭蓋骨を調整する時も腹式呼吸を重要にしています!
//////////////////////////////////////////////////////////////////

残席残席3名様

京都『セルフ骨格小顔調整術』ワークショップ開催致します


5月21日土曜日 13:00~15:00参加費5,000円(テキスト代込)


アクセス
阪急京都線 河原町駅(10番出口)徒歩約2分
京都市営バス 四条河原町 徒歩約5分
京阪電鉄 祇園四条駅 徒歩約5分
京都市営地下鉄烏丸線 四条駅 徒歩約7分
阪急京都線 烏丸駅 徒歩約7分
京都市営地下鉄 東西線市役所前駅 徒歩約13分
地下道からは10番出口スグ

お申込みはこちら
↓↓↓


お申込みフォーム


この記事が気に入ったら
「ViewCafe」にいいね !しよう

-女性の未病を防ぐ
-

Copyright© 頭蓋骨美人の視点|skull.view , 2018 All Rights Reserved.