美容フード

☆七草粥効果…

投稿日:2014年1月7日

1月7日は七草粥を食べる

日とされていますが…


七草とは


「セリ・ナズナ・ゴギョウ・ハコベラ・ホトケノザ・スズナ・スズシロ」


{91BB1C05-4FF6-4CA0-8A09-B0D7F1C54F5E:01}



春の七草の名前であって

ゴギョウはハハコグサ

ハコベラはハコベ

スズナはカブ

スズシロはダイコンのことなんですね


この七草をお粥にして1月7日に食べる七草粥の習慣は江戸時代に広まったそうです。


七草の種類は時代や土地によって異なり、七草がもっと多くなったり、少ない場合もあったそうですが、いつの時代もどんな土地でも、年頭にあたって豊年を祈願し…

「今年も家族みんなが元気で暮らせますように」と願いながらお粥をいただくその気持ちは何処も同じようです。


そもそも、なぜ七草粥なのでしょう。


七草は、早春にいち早く芽吹くことから邪気を払うといわれました。


そこで、無病息災を祈って七草粥を食べたのです。


古くはまな板の上で、草をトントン叩いて刻むその回数も決められていたとか。


実はこの七草粥、とても理に叶った習慣なんです


七草はいわば日本のハーブ、そのハーブを胃腸に負担がかからないお粥で食べようというのですから、正月疲れが出はじめた胃腸の回復にはちょうどよい食べものです

また、あっさりと仕上げたお粥は、少し濃い味のおせち料理がつづいたあとで、とても胃にも優しい新鮮な味わい。


{B23E3DFD-C367-4459-871B-34D56B3321BD:01}



ところで、日本のハーブ七草にはどのようなパワーがあるのでしょう。

セリ

鉄分が多く含まれているので増血作用が期待できます。

ナズナ

熱を下げる、尿の出をよくするなどの作用があります。


ハコベラ

タンパク質が比較的多く含まれ、ミネラルそのほかの栄養に富んでいるため、民間では古くから薬草として親しまれています。

スズナ.スズシロ

ジアスターゼが消化を促進します。

もちろん、いずれもみずみずしい緑の草ですから、ビタミンがたっぷり含まれています。緑が不足しがちなお正月、滋養豊かな七草粥で心身共にスッキリして、この新しい年を過ごしましょう

-face&bodytherapy-ナチュールミュー

この記事が気に入ったら
「ViewCafe」にいいね !しよう

-美容フード
-

Copyright© 頭蓋骨美人の視点|skull.view , 2021 All Rights Reserved.