わたくしごと

言葉を超えるツールが活用される時代

投稿日:2017年6月4日

お祝いの会が続いております

今日も晴天のなか
院長春田博之先生の新刊
フレグランスジャーナル社
『心の地図:色調が教えてくれるこころの世界』

{C416D404-30B2-4DE1-AD7F-135E6281F65F}
出版記念パーティーにお招きいただき
行ってまいりました。

{99346012-2A44-4F77-B92D-B75B67226244}
春田先生には私の初書籍
『頭蓋骨をユルめるとカラダが快調になる!』の
監修をして頂いたご縁であります。
春田先生の、今回の新刊のなかには…
"色調からのメッセージ"「こころの地図」と
いう色調グラフがあります。
健康を保つために、多くの健康法や治療法セラピーが存在する中、それらを提供する医療者やセラピストにとって治療を受ける人の心の状態を的確に捉える事は、なかなか難しい。

治療に関わるものと、治療を受ける側の思いは健康と言う同じ目標に向かっているなか、その描写に潜在する感覚にはギャップが生じてしまう。

そのギャップを解消するために、先生が試行錯誤を重ね、色彩と言う感覚的なツールを活用することで、これらのギャップをかなりのところまで解消できることに気づかれ

色調のサンプルを使って、その時の気分で落ち着く色合いを選び
そして、その色調と患者さんのこころとからだの状態を照らし合わせ、その関連性を探るという方法を編み出されました。

それによって患者さんの心の状態が把握できることがわかってきたと言われています。
本には「色調のサンプル」というものが付いていて、これを心の地図という色調グラフで作成されています。

心の地図の使い方や実際の臨床例などを解説されていて、その活用方法をが書かれています。
とても奥の深い分野だと思いますが…
書籍のなかでは、読むだけで簡単に
チャート式でわかりやすく説明されていて
ご家族やお友達と会話しながら
楽しめる一冊ではないかと思います。

パーティーも医師仲間の先生方による
お能の演目なんかも拝見でき…
{3CD9D069-D4C4-4841-92F4-752B45E63353}
とても和やかで
楽しめるパーティーでありました。

実はパーティーの前に
春田先生のセミナーがありました。

そのセミナーの途中で
春田先生から、私の事も皆様に直々に
ご紹介して頂き、とてもお気遣い溢れる
お人柄に心をうたれました。

ありがとうございます。
{D52A9A47-5CD9-4A46-AE53-9F8744F485CA}

写真↑真ん中から、春田先生をご紹介頂いた

精神科医の金先生と春田先生をプロデュース
されているカメちゃんこと亀谷さん。

{49BC56D1-CC62-4049-8609-5074F8EC514F}
また今回は、医療従事者の方々などが
参加されていましたが、新たなご縁を頂き
沢山の方々と交流をさせて頂きました。
{E90054AD-D78E-4914-BAA1-2F360A367648}

私にとってここ数週間
いろいろありましたが…

今回思い切って休みを取って
よかったと感じました。

そしてこの三日間は
次のステップにむけてのごく短い日数でしたが
身のある充電期間だったように思います。

また明日から
通常の業務にもどります
皆様よろしくお願い致します。

この記事が気に入ったら
「ViewCafe」にいいね !しよう

-わたくしごと
-, ,

Copyright© 頭蓋骨美人の視点|skull.view , 2018 All Rights Reserved.