セルフケア

鼻づまりで困った時のセルフケア

投稿日:2018年2月23日

インフルエンザや風邪が流行っていますね。
おまけに早々から花粉症になる方もお見かけするようになりました。

先日もそんな時期に、「鼻づまり」でお困りの方が自宅でできるケア方法を聞いてこられまました。

風邪やインフルエンザ、花粉症で困るのが鼻づまり。
そこで、今回は鼻づまりを解消していくセルフケアをお伝えします。

鼻づまりを解消していくセルフケア

花粉症も兼ねた場合も考えてのセルフケアの方法としては、

・前頭骨をユルめながら副鼻腔を刺激していきます

副鼻腔は細い孔(あな)(自然孔)で鼻腔に通じていて、鼻呼吸をすることで空気の交換が行われている下記の部分です。

・頬の裏側にある上顎洞(じょうがくどう)
・目の間にある篩骨洞(しこつどう)
・額の裏側にある前頭洞(ぜんとうどう
・鼻の奥にある蝶形骨洞(ちょうけいこつどう)

の4種類をユルめていきます。


(※場所が分かりにくいと思い、画像はコチラからお借りしました)

副鼻腔を刺激していくセルフケアのやり方

やり方は、

片手は前頭骨、もう一方は小鼻の横に人差し指を置きます。

1️⃣ 息を吸って、前頭骨を前にだすように圧迫します。
同時に小鼻の横の指は上に向かって圧迫します。

2️⃣ 息を吐いて、前頭骨を前にだす感じでユルめます。
同時に小鼻の横の指はそのままにしておきます。

3️⃣ 1️⃣・2️⃣を繰り返しながら、小鼻の指は徐々に圧迫を上に向けていきます。(目頭まではいかないでください)

 

鼻詰まりがあると、食事をする時も辛いし、何よりも集中ができないのが日常の生活の中で困りますよね!
ぜひやってみてくださいね!

 

この記事が気に入ったら
「ViewCafe」にいいね !しよう

-セルフケア
-, , , ,

Copyright© 頭蓋骨美人の視点|skull.view , 2018 All Rights Reserved.