サロン紹介

骨を休めることをしっかりやる

投稿日:2017年11月16日

昨日の記事

にも、書きましたが…
何もしないで
「ボーっとする」ということ。
ただボーっとするには
なかなか日中ではできない
場合が多いようです。

それなら体をまるごと休めれば
いいのでは!?

そう考えた方はも
多いようですが…
どうも…
頭蓋骨から健康美を伝える専門家
山口勝美です。
こんなコメントを頂きました
⬇︎

M様

やはり体を休ませることが

大切なんですね!

少しでもいいから

休むくせをつけること^ - ^

私は貧乏性で

ついつい動いてしまいますが、

休むよう心がけます^ - ^


コメントありがとうございます!

何もしないで「ボーっとする」と
いえば、休息する(体を休める)
という風に思われるかとおもいますが…
私の「ボーっとする」イメージは
こんな感じ…
{9DAB4CB3-F72C-41A6-AF9B-CE82088189AD}

私達は起きている間に
「ボーっとする」以外に
しっかりと休息する方法
つまり、体を休める方法があります!

それは「骨休め」です。
「骨休め」の語源を調べてみると…

それが見当たらず
国語辞典ではこのようなことが
書いてありました。
他には…
「豊年休み(ほうねんやすみ)」が
正しい言い方で昔の農家で豊作だった年は
仕事を忘れてしばらくゆっくり休める
という事からきているのでは…
という節もありましたが。

それでは納得いかず
もう少し調べてみると
そのサイトはもうなくなって
いましたが

あるサイトによると
「骨休め」とは

『骨休めとは、横たわって骨を重力から休めることです。骨髄の造血作用は重力から解放された時に行われます。』
「骨休め」とは「横に寝て骨を重力から休めること」です。仕事をやめてもスポーツをしていたのでは「骨休め」にはならないのです。昼間働き、夜は寝て休む習慣は、まさしく「骨を休める」ことに深い意味があるのです。それは正常な造血機能が骨を休めないと起こらないからです。
などと書いてありました。
なるほど!
なんだか納得しないですか?
真意はわかりませんが、あながち
理にかなっているのではないかと思います。

だって、私達の体の動きの一部は
骨格で成り立っているんですから
骨がしっかり働いてくれないと
立ったり座ったりもできないわけです。

その骨がもろくなったら
たちまち生活に支障が
出てきますよね!
確かに寝ている間は
どこも重力がかかっていません

骨を重力から解放される
ということは…
まさに「骨休め」なんだと
私も感じました。
骨休めという言葉を最近あまり
言う人が、少なくなってきているように
感じますが。

体を横たわらせて休む
「骨休め」

をすることで…
エネルギーを蓄え
次のアクションを起こすためにも
英気が養われるのでは
ないかと思います。

{F766987C-F030-407B-8134-BB116F4FCA29}

たまには骨休めしようよ!

この記事が気に入ったら
「ViewCafe」にいいね !しよう

-サロン紹介
-

Copyright© 頭蓋骨美人の視点|skull.view , 2018 All Rights Reserved.