美容フード

☆太陽のエネルギーを浴びた干しエノキ茸…

投稿日:2014年5月22日

外国の方でベジタリアンな方なんかは(魚や肉系)等で出汁(スープ)を取らない習慣があるようですが…

私は魚や肉系以外で出汁を美味しく取る方法として…よく

【干しえのき茸】を使います!


{D092D925-5ECD-4D4D-A6E6-9D8E56E5CEFB:01}


この干しエノキ茸で取ったお出汁はまたとっても美味しく!炒め物等に使うと、全く塩などの調味料がいらないくらいです!

太陽の光をいっぱい浴び…栄養成分たっぷりの干しエノキ茸!

内容を調べてみますと?


えのきたけだけに存在する脂肪酸は内臓脂肪を減少させる働きがあります。われわれはこれをエノキタケリノール酸と名付けました。内蔵脂肪の減少は高血圧、高脂血症、動脈硬化の予防になるんです。

「日本薬科大学・渡邉泰雄医療薬学科長説」


   干して水分の抜けたえのきたけは細胞膜が破れて成分が多く出ます。細かく切るとエノキタケリノール酸はさらに増加します

   干しえのきの効力は内臓脂肪減少だけではなく…

えのきたけは干して1時間後にビタミンDが倍増します。ビタミンDは血液中のカルシウムの吸収率をアップしてくれます。つまり、骨を強くして骨粗しょう症を予防するんです

「東京農業大学・江口文陽教授説」

皆さも是非試してみてください(^O^)/


この記事が気に入ったら
「ViewCafe」にいいね !しよう

-美容フード
-, ,

Copyright© 頭蓋骨美人の視点|skull.view , 2020 All Rights Reserved.